登録するは我にあり

アイカ「うっほほーーい! アイカちゃんだよー
一坪「オッス! オラ一坪!」
口木「|◎皿◎|ボク、クチえもん」
アイカって、キャラ違うわーー!!!
一坪「んだか? 久しぶりだからキャラ忘れちまったぞ。」
口木「|◎皿◎|ノ□ ドーーコーーデーーモーードーーーアーーーー!」
アイカ「だから、キャラが違います!!! というか自分自身じゃないですかっ!!!」
一坪「時には自分を忘れたいこともある……。」
アイカ「なに渋くキメてるんですかっっ!!」
口木「|◎皿◎| ピガガー」
一坪「というわけでお久しぶりです、一坪です。」
アイカ「何事もなかったかのようにっっっ!!」
口木「|◎皿◎| オヒサシブリデス、クチキデス」
一坪「ほら、ちゃっちゃと挨拶する。」
アイカ「え!? あ、はい! 皆様お元気でしたか? アイカでーす
一坪「さてさて、そんなわけで約20ヶ月ぶりな訳ですが。」
アイカ「間が空きすぎですっ!! 何やってたんですか!!?」
一坪「えっと……受験やら整形やらバブル崩壊やら本能寺の変やら1ヶ月1万円生活やら……」
アイカ嘘つくなーーー!!!
一坪「愛してました。」
アイカ何をっ!!???? Σ(っ゜ )
口木「|///ワ///| ピガ〜
アイカ「口木くんを!!?? ΣΣΣ(っ゜ )」
一坪「プライベートな話題はその辺にして、そろそろ本題に入りましょうか。」
アイカ「そ…そうですね (すごく気になるけど……)」
口木「|◎ワ◎| ピガ〜♪」



一坪「あ! そうそう! 今回は一応250万ヒット記念企画にしといてください。」
アイカ「え? まだ250万達成してないじゃないですか?」
一坪「ま、そうですけど……250万ヒットまで待つわけにはいかないので……。」
アイカ「ど、どうしてですかっ? 深い事情でも!??」
一坪「はい…待ってたら公開するの忘れちゃいそうなので……。」
アイカそんな理由かーー!!! 、・.・((゜□゜ )))☆O=(っ< )
一坪「いつつ……でも橋本元総理は1億円の献金を忘れちゃうんですよ?」
アイカ「そんな時事ネタを!」
一坪「時事ネタはあまり使いたくないんですが仕方がないです……。(T−T)」
アイカ「(泣くぐらいなら使わなきゃいいのにっ!!?) Σ(っ゜ )」
一坪というわけで250万ヒットありがとうございまーーーす!!
アイカありがとうございますぅ
口木「|◎皿◎| ドモアリガット♪ ミスターロボット♪」
アイカ「? 口木くん、何それ?」
一坪「大昔に流行した曲です。」
アイカ「たぶん誰も分からないと思いますけど……。」
一坪「『どもありがと』とか言ってますがアメリカのスティクスってバンドの曲で全米3位にもなった……」
アイカ「はいはい。」
一坪「(流された!?) Σ(っ゜ )」
アイカ「で、今回はどんな企画なんですかぁ?」
一坪「企画って言われると照れちゃいます。(////)」
アイカ「なぜ!???」
一坪「いや、企画ってほどじゃないので。」
アイカ「20ヶ月ぶりにやるのに、その程度なんですか?」
一坪「どっちかと言えば先にやりたいことがあって、ついでだから記念企画にしちゃえと。」
アイカ「むぅ。お得意の手抜きですか? (¬_¬)」
一坪「十八番の手抜きです。」
アイカ「あっさり認めるし……。で、何やるんです?」
一坪登録型リンクを設置しようかなーと。」
アイカ「へー 珍しく役に立ちそうじゃないですかぁ
一坪「リンク依頼ってのはしづらいもんだから、こーゆーのもいいかと。」
アイカ「【書き殴り】みたいなおバカなサイトでも遠慮しちゃう人いるかもしれませんしねー。」
一坪「というかリンクの私のコメントがバカすぎて嫌な人も多いでしょう。」
アイカ「自覚してるなら直せばいいじゃないですかっ!!」
一坪「やれるならはじめからマトモなコメントしてます!!」
アイカ「逆ギレ!!? Σ(っ゜ )」
口木「|◎皿◎|ノ” マアマア」
一坪「口木くーーーん!! | ◎皿|(< )」
アイカ「やれやれ ┐(ーー )( ーー)┌」



アイカ「では、説明をお願いします
一坪「まず、一番重要なのはこれに登録したからといって油断してはいけないということです。」
アイカ「へ?」
一坪「これで安心してはダメなのです。」
アイカ「意味が分かりませんけど……。」
一坪「ようするに普通のリンクも随時受け付けてるので、そっちもよろしくお願いしたい所存でございます。」
アイカ「って、普通のリンクがしたいだけですかっ!!!」
一坪「ハート・トゥ・ハート、ハンド・トゥ・ハンド、マウス・トゥ・マウスなのです。」
アイカ「マウスは違ーーう!!!」
一坪「え? じゃあアイコンタクト?」
アイカ「スルーパスねらってどうするんですかっ!!」
一坪「…………………………。注意してほしいのは
 利益目的、アダルト、公的秩序に反するサイトはダメ
 ということです。」
アイカ「(次のボケが見つからなかった!?) Σ(っ゜ )」
一坪「私の自由意志によって「これヤバイとちゃうんけ?」と思ったリンクは削除します。」
アイカ「なぜ、微妙に間違ってそうな関西弁で!!??」
一坪「まぁ、そげな必要ない思うとるけぇのぉ。」
アイカ「今度は、確実に間違ってそうな広島弁で!!!???」
一坪「そんなわけで、よろしゅう頼むぎゃー。」
アイカ「地元のくせに、わざわざおかしな名古屋弁を!!!????」
一坪「では、この辺で。」
口木「|◎皿◎|ノ” サヨウナラー」
アイカって、なに突然終わってるんですかっっ!!!
一坪「登録方法とかで特に説明が必要なコトはないと思うので。」
アイカ「むー確かに、そんな難しそうじゃないですけど……。」
一坪「登録の際の注意事項は登録ページに書いてありますし。」
アイカ「うーーーん、でもなんか物足りないですぅ。」
一坪「ふむ、分かりました。じゃあ暗号を解かないと登録できないようにしましょう!」
アイカよけいなコトはしなくていいですっ!!
一坪「むぅ。物足りないだとか、よけいなコトするなだとか、私にどうしろと?」
アイカ「極端なんです! 補足説明とかないんですか〜?」
一坪「そうですねー。じゃあバナーのことを。」
アイカ「おっ バナーがどうしたんですか?」
一坪「(なんか嬉しそうだなー) なるべく直リンクよりアップロードを利用してほしいです。」
アイカ「むむ なんでですか〜?」
一坪「私、嫌いなんですよ。画像が読み込めずに×マークが出るの。」
アイカ「は?」
一坪「IEで画像の読み込みに失敗すると画像のある場所に×マークが表示されるじゃないですか。」
アイカ「え、ええ。そんなの出ますね。」
一坪「直リンクだとサーバのトラブルや移転などで表示されなくなる可能性があるので。」
アイカ「そ、そんなの別にいいんじゃ……。」
一坪「なっ!!!??? 何てこと言うんですか!! ×マークですよ×マーク!!
 この画像読み込めないよダメダメだね。バツだよバツ。
 ふふ、どうせテストでも×だらけなんだろ? このバッテン野郎!!
 って言われてるんですよ!!!」
アイカ病院に行けーーー!!!!



アイカ「はい そんなわけで今回の記念企画はここまでですぅ
口木「|◎ワ◎| ピガー♪」
アイカ「口木くん、どうだった〜?」
口木「 Σd|ワ< | ピガガッ♪」
アイカ「うん よかったね
口木「|◎ワ◎| ピーガー♪」
アイカ「じゃ、そろそろ終わりにしよっか
口木「<|◎皿◎| ハイ」
アイカ「久しぶりの記念企画、最後までお付き合いくださり、ありがとうございました
口木「|◎ワ◎| アリガトウゴザイマシタ!」
アイカ「気が向いたらリンクの登録してくださいね
口木「|◎皿◎| オネガイシマス」
アイカ「では、これからも私たちと、ついでに【書き殴り】もよろしくお願いします
口木「|◎ワ◎| ピガガー♪」
アイカ「それじゃあ、またお会いできることを信じて
 さよーーならーーー
口木「|◎皿◎|ノ” サヨウナラ」



登録型リンク